部屋

優良物件探しを行なうためにも信頼できる不動産業者を頼ろう

相続に関するトラブル

室内

土地の賃貸権の相続

借地権を持った被相続人が死亡し、残された相続人がその権利を引き継ぐ場合、どのようなことに気をつけなければならないでしょうか。まず借地とは、他人である地主から土地を借りて、その土地に自己所有の建物を立てることです。被相続人が死亡した場合には、他の財産と同じように、借地権も相続人に引き継がれます。特別な手続きは必要ないので、相続人が地主に引き継いだ旨を伝えればいいでしょう。このように更新や再契約などを必要としないことは一見便利なようにも見えますが、トラブルの種になることもあります。被相続人が亡くなったなら土地を返してほしいと要求されたり、一方的に地代を変更されるなど、地主との間にトラブルが発生することも珍しくはありません。借地権に関する問題は、弁護士に相談するとスムーズに解決できるでしょう。地主からの不当な要求に応じる必要はありませんが、問題が大きくなる前にきちんと相談して解決しておくことが大切です。特に遠縁の親戚などから借地権を相続する遺贈の場合には、地主へ許可をもらい承諾料を支払わなければならないなど、条件によって法律も異なります。承諾料についてのトラブルやまた承諾を得られなかった場合なども、相続に詳しい専門機関に相談すると良いでしょう。トラブルは起こる前に防ぐことが肝心です。借地権は普段馴染みのないものなので、相続が決定した時点で、一度弁護士に相談しておきましょう。